蒸し大豆スペシャルサイト「蒸し大豆とは?」
お問合せ オンラインショップ マルヤナギトップページ マルヤナギ
トップページ > 蒸し大豆の力 > 蒸し大豆の力

蒸し大豆の力

「蒸し大豆」は「水煮大豆」と同じように「大豆製品」とひとくくりにされがちですが、
実は摂れる栄養成分には大きな差があるって、ご存知でしょうか?
栄養、味の良さ、使い勝手などすべてをクリアする大豆製品、それが「蒸し大豆」。
水煮大豆とおいしさ・栄養を徹底的に比較します。

蒸し大豆、4つの利点

テレビや雑誌で特集になることも多く、注目を浴びる「蒸し大豆」。
食事の内容を見直したい方に選ばれている理由は、大きく4つあります。

蒸しているからおいしい・栄養たっぷり!

決め手は調理法。「蒸しているから」大豆本来のおいしさと栄養素を逃しません。

蒸し大豆は手軽・便利

蒸し大豆は面倒な水洗いもいりません。袋をあけて、料理の最後に加えるだけで簡単!

食物繊維が摂れる!

調理過程でおからを取り出さないから、大豆の食物繊維をまるごと全部食べられます。

蒸し大豆はアレンジしやすい

色んな料理に使えるシンプルで素朴なおいしさ。料理のジャンルを選びません。

おいしさの理由は調理方法の違い

お湯の中でぐつぐつ煮ると、大豆が本来持っている「うまみ」が
どんどん溶け出して、ゆであがった頃には味気ない大豆に……。
なかなか「そのまま食べておいしい!」というわけにはいきません。

「蒸す」とは、水蒸気で食材を加熱する調理方法のことですから、お湯の中では煮ていません。
だから、旨味が流れ出すのを最小限に抑えられます。

出来上がった蒸し大豆を1粒食べてみると、栗のような甘さとホクホク感にびっくり!
まだ食べたことのない方にも、是非驚きを感じていただきたいです。

栄養成分にも大きな差がある

「蒸す」と「ゆでる」の差は、おいしさだけではありません。
大豆がもともと持っている栄養成分も、蒸しているほうがたくさん残ります。

大豆を使った商品はたくさんありますが、それぞれに一長一短があります。
各々の特徴を知り、大豆を賢く食べましょう!

 蒸し大豆水煮大豆豆腐(絹)豆乳納豆
たんぱく質(g)16.614.84.93.616.5
食物繊維(g)8.86.60.30.26.7
オリゴ糖(mg)1.420.790.500.420
葉酸(μg)96411128120
イソフラボン(mg)11062251251

大豆製品100g中の栄養成分比較(データ:日本食品標準成分表2015年版(七訂)、日本食品分析センター、日本食品検査)

簡単に使えて便利な蒸し大豆

蒸し大豆は、袋をあけてそのまま食べられます。
例えば、サラダやスープのトッピングに最後にパラっと加えるだけで、料理のバランスがアップ。
炒め物や煮物も最後に加えて温めるだけでOKです。
もちろん、面倒な水洗いなどもいりません。

味は大豆本来のほのかな甘みだけだから、色々な料理に合いやすいこともおススメポイント。
大豆=和食のイメージが強いですが、洋風のサラダやスープ、カレーのトッピングにも。
マリネにしたり、ヨーグルトに乗せるのもおいしいですよ。

詳しくはこちら!
[ 蒸し大豆で食改善!基本の食べ方とおすすめアレンジ ]

食物繊維が摂れる

豆乳や豆腐は、調理過程で食物繊維が豊富な「おから」を棄ててしまいます。
なので、大豆製品のなかでも栄養成分は少なめ。
食べやすくておいしいですが、大豆の栄養成分を摂ろうと思ったときには、効率がよくありません。

蒸し大豆なら、大豆が持つ食物繊維をまるごと食べられます。

まとめ

私たちが健康的にいきいきと生活をするためには、食べ物から摂る栄養がとても大切。
近年、肉ばかりに偏って脂質を摂り過ぎたり、極端な食事制限で栄養が十分に摂れていなかったり、バランスの偏った食事をする人が増えてきています。

そんな中、日本人が古くから食べてきた「大豆」の良さが見直されてきています。
大豆は肉や卵などに負けない良質なたんぱく質が多いだけでなく、様々な栄養素がバランスよく含まれ、食物繊維も豊富。
「健康的なバランスの良い食事」を考える時、とても優秀なお助け食材になります。
一方で年齢とともに高くなりやすいコレステロールは一切含んでいないため、とってもヘルシー。
大豆は、まさに「天然のマルチサプリ」といっても過言ではないほどの栄養パワーを持っています。

おススメ記事

蒸し大豆の力