マルヤナギ(株式会社マルヤナギ小倉屋)

ごあいさつ

代表取締役 柳本一郎

私たちマルヤナギのメインテーマは、「伝統食材の素晴らしさを次の世代へ」。
そして、私たちは、「素材・おいしさ・健康をテーマに、伝統食材を生かした新しい食の提案に取り組む食育型カンパニー」を目指しております。

かつての日本人の食生活が、世界中でも注目され見直される一方で、肝心の現代日本人の食生活は、逆に洋風化や簡便化が進み、過去にはみられなかった生活習慣病が急速に増加している等の現状に対して、弊社が長年取り扱ってきた昆布、豆などの穀類、野菜など、伝統食材が持っている健康価値やおいしさを、次の世代にしっかりと伝えてゆくことの大切さを強く実感しております。
とくに、大きな問題になっている日本人の食物繊維の摂取不足について、弊社で取り扱う食材のほとんどが食物繊維の最優秀な供給源であることから、マルヤナギ製品を通じて、食物繊維に対する関心を高めていただきたい、たくさん摂取していただきたい、という思いを込めて、推進活動を展開してゆきたいと考えております。
また、日本の食と健康と農と環境をめぐる様々な課題に対して、農家さんと一緒になって、おいしくてからだに良いもの、そして未来の環境にも良いものを作ってゆくという取組みを益々加速してゆきたいとも考えております。

私たち株式会社マルヤナギ小倉屋は、170年以上の歴史を持つ昆布の「小倉屋」ののれん分けによって1951年に創業しました。以来70年、伝統の技を継承しつつ、未来志向の創造的な食の提案に取り組み、豊かな日本の食文化作りの一翼を担ってきました。
飽食の時代、超高齢化の時代を迎え、食に対する関心は安全安心から健康価値に向かっています。
YOU ARE WHAT YOU EAT = 人は自分が食べたものでできています。
だからこそ、からだに良いものを選んで食べてほしいのです。

マルヤナギは、心ある食品メーカーとして、何が正しいのかを常に問い続け、私たちがやるべきこと、私たちがやらなければならないことを、愚直に実践し、私たちだからこそ実現できる理想の未来を追いかけてゆきたいと考えております。
社員一同、皆さまのご期待に添えるよう益々専心努力してまいります。
今後ともマルヤナギに、あたたかいご理解ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

pagetopへ