マルヤナギ(株式会社マルヤナギ小倉屋)

ごあいさつ

代表取締役 柳本一郎

長年マルヤナギとして親しまれております、私ども株式会社マルヤナギ小倉屋は、150年以上の歴史をもつ昆布の「小倉屋」の“のれん分け”によって1951年に創業いたしました。
以来60有余年、伝統の技を継承しながら、さらにマルヤナギならではの独自の技術を磨き、「良い品を安く作り、広く社会に貢献します」と言う社是の下で、常に新しい発想で商品開発にあたり、技術を研鑽して“新しい味覚”を提供するチャレンジャー型の企業として、時代のニーズにふさわしい商品作りに取り組んでまいりました。

また私たちマルヤナギでは、人間尊重・相互信頼を基本に、 お客様、全従業員をはじめ、広く社会から、信頼され歓迎される会社でありたいと考えてまいりました。
「元気に明るく前向きに、誰にも負けない努力を続けます。」「ベクトルを合わせ、常に高い目標の実現に向け、 積極的に挑戦します。」「日々、創意工夫、改良、改善、改革を進めます。」「相手の立場に立って行動し、感謝の気持ちと,謙虚に反省する心を大切にします。」等々を「マルヤナギフィロソフィー」として掲げ、日々励行に努めております。
この「マルヤナギフィロソフィー」を徹底して実践することが、価値ある商品作りとお客様の満足につながり、一方では全従業員の人間性を向上させ、人生を豊かにし、さらに地域社会、お取引先様などを含めた全てのステークホルダーに対する大きな価値提供と貢献につながっていくものと確信しております。

そして今、マルヤナギは新たなる成長と発展をめざして、歴史を振り返り、来るべき未来への決意を込めて、新たに企業理念を策定いたしました。
“伝統と創造・食のカルチベーター”としてのマルヤナギ。“心ある経営”を実践するマルヤナギ。
心豊かな日本の食文化への貢献を目指して、今日から明日へ、そして未来へとマルヤナギは創造的な挑戦に力を尽くしてまいります。
今後ともマルヤナギに、あたたかいご理解ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

pagetopへ