マルヤナギ(株式会社マルヤナギ小倉屋)

食育活動

2007年ひがしなだ食育フェア

2007年ひがしなだ食育フェア

2007年10月28日(日)神戸市東灘区主催により行われた一般消費者参加型の 第1回食育・健康タウンひがしなだ 食育フェア「おいしいいちにち」が神戸市東灘区向洋町のアーバングルメポート内にて行われました。

東灘区の食育フェアの趣旨は、食品関連企業と東灘区が協働でイベントを実施することで、東灘区に多くある食品企業を区民の皆様に多く知っていただき、今後の東灘区・企業・区民が一緒になってすすめられる食育活動-「食」を通じた子供の健全育成、食の安全・安心対策、食品産業の振興を推進することです。

今回のイベントはそのプロローグといえるものでした。今回は、東灘区の食育に関心の高い企業やNPO法人など10団体が参加し、参加者数は延べ5000名に及びました。

マルヤナギブース

マルヤナギのブースでは、蒸し大豆&蒸し黒豆の販売を中心に、「まろやか煮ごま昆布」、「ピリ辛きゃら蕗」、「すこやか黒豆茶」、「黒豆黒酢」、「チュアブル」を販売しました。
展示は、原穀6種類、水漬け昆布と乾燥昆布の比較&手触り体験を中心に行ない、ゲームは原料当てクイズを行ないました。

今回、各ブースとも試食がメインで行なっていたこともあり、人が集まるのは試食で、マルヤナギブースでは、黒豆黒酢・蒸し大豆が人気でした。 黒酢の試飲は約550人の方がしてくださいました。意外だったのはお子様が黒酢を「おいしい~!」と言って飲むことや、ごま昆布をパクパク食べる姿です。商品に関しての意見やコメントも聞けました。

マルヤナギの食材を使ったレシピ

フードアプローチのブース写真

フードアプローチのコーナーでは、食育研究家 神木 千鶴先生による参加企業の商品を使ったメニューの試食があり、先生もしっかりアピールしてくださったこともあり、大勢の方がマルヤナギのブースに蒸し大豆を求めてきていただきました。

朝から食物繊維!(朝ごはんレシピ)

朝から食物繊維!

<食物繊維:根菜+大豆>
おなかが満足する食べごたえの朝ごはんレシピです。「やわらか蒸し大豆」を使用しています。

30秒蒸しケーキ・プレーン(おやつレシピ)

30秒蒸しケーキ・プレーン

子どもにとってはおやつも大切な栄養補給の場。市販のおやつもいいけれど、たまには手作りの安心おやつが嬉しいです。

簡単にできる栄養満点おやつレシピ。「やわらか蒸し黒豆」を使用しています。

原料当てゲームでは、参加してくれた子供たちは食品が何からできているか興味津々。「これ知ってるで~!」と小学校低学年の子でも、チーズが牛乳からできていることは知っていました。もっと小さい子は、お母さんやお父さんの力を借りながらも一生懸命取り組む姿がほほえましかったです。

昆布と背比べのコーナーでは、昆布が自分の身長よりもかなり大きいということを知って、「へ~」最長20mのものもあるっていうと「へ~」と目を輝かせていました。

原料あてゲーム

昆布と背比べしている写真

昆布を触る子供の写真

人気だったのは、やはり、実際に触れる豆の原穀や水漬けした昆布。 水漬けした昆布を触った子は「ぬるぬるしてる」「気持ちいい」「良い匂い」「臭い~」などなど、目を輝かせていました。 気持ち悪くて触れない子がいるのでは?と思っていたので、まさか「いいにおい」という感想が出てくるとは意外でした。

ひがしなだ食育フェア

豆の原穀を触った子も、「つるつるしてておもしろい」「においするかな?」「いろんな大きさがある!」「もって帰ってもいい?」「模様がおもしろい」などなど。 口に入れてしまう子や、「お母さんに料理してもらう」と1粒持って帰る子、こわごわ触る子もいました。 スーパーで金時豆の原穀など売られていますが、ご存知ない方も多く、「へ~これがうずら豆?」とか言いながら、まじまじと眺めておられる方もいらっしゃいました。

東灘区の方からのアイデアで、全ブースを回っていただくために、クイズラリーも開催しました。

マルヤナギからのクイズ(3択)は・・・

Q やわらか蒸し大豆・蒸し黒豆を作っている会社は?
  1. マルカエデ
  2. マルヤナギ
  3. マルサクラ

さて、みんな正解だったのでしょうか????

 | 

pagetopへ