マルヤナギ(株式会社マルヤナギ小倉屋)

マルヤナギへの
エントリーはこちら
( 新卒・中途 )

社員のひとこと

藤本 伸治
工場を縦横無尽に駆け回る品質管理。

藤本 伸治

2003年入社
大門工場 品質管理 マネージャー

これまでのキャリア
・パート勤務
・大門工場 煮熟混合工程
・大門工場 前工程(前処理・煮熟・混合)
・大門工場 品質管理 マネージャー(現職)


これが私の仕事

saiyou-fujimotos2

品質管理の仕事は、生産された商品が決められた手順で製造され、出来上がった商品が規格にあった商品になっているかをチェックしていくことです。その中で、使用している原料・作業方法・出来栄え等の課題を見つけ、改善していていけるように各部署と相談して進めていきます。品質管理としてのやりがいは、製造する商品の原料から包装後箱詰めされるまでのすべてに係わり、商品の品質向上や作業性の向上に取り組むことができることです。


だからこの仕事が好き!一番嬉しかったことにまつわるエピソード

品質管理は製造する商品の品質を守るために、作業方法・手順を考えていきます。品質を維持するためには、実際の生産では手間がかかるやりにくい作業もやっていかなければなりません。しかし、やりにくい作業=間違いやすい作業となるのでこの課題を解決していく必要があります。現場の声を聴き、必要な品質を維持しながら、どのように生産していくかを考えていきます。新製品の立ち上げ時は、生産していく毎にいろいろな課題が見えてきます。スピードを意識しながら改善を繰り返し、品質と作業性を確認していきます。数字でわかることもありますが、現場の作業者から「最初は大変だったけど、仕事がやりやすくなった」といってもらった時に、いい仕事ができたと感じます。


私がこの会社を選んだ理由

大学時代は公務員を目指して就職活動をしていました。公務員をあきらめ、大阪から地元に帰ってきました。営業職より工場勤務のほうがいいと考えており、当社に働いていた人の紹介でパートとして働き始めました。実際に働き始めると工場での仕事は体力的に大変でついていくのがやっとの状態でしたが、自分がかかわったものが商品になることへの喜びを実感しました。もっと仕事を深く知って、いい商品を作れるようになりたいと考えました。

pagetopへ

エントリーする