蒸し大豆スペシャルサイト「蒸し大豆とは?」
お問合せ オンラインショップ マルヤナギトップページ マルヤナギ
トップページ > 蒸し大豆はマルヤナギ > 蒸し豆売上No.1ブランドはマルヤナギ!

蒸し豆売上No.1ブランドはマルヤナギ!

マルヤナギのおいしい蒸し豆シリーズは、2004年に蒸し大豆を発売して以来、ずっと蒸し豆シェアナンバーワン。
今や蒸し豆の市場は水煮豆を超え、素材豆の代表が蒸し大豆へと変わりつつあります。

1. 蒸し大豆を初めて世に出したマルヤナギ

大豆は伝統食材である味噌や醤油、豆腐、納豆、煮豆など形を変えて、私たちの生活を支えてきました。しかし近年は、食生活の変化から大豆嫌いの子どもも増えています。
価値ある大豆のおいしさと素晴らしさを伝え、次の世代へつなげていきたい。マルヤナギは、「蒸し大豆」を通して、毎日の食卓をより良く、そして皆様の健康へ貢献することをパイオニアメーカーの使命として取り組んでいます。

マルヤナギは、蒸し大豆を初めて世に生み出した15年前から、ずっと蒸し豆シェアNo.1。
これからも蒸し豆のすばらしさを伝え、広めていく活動を続けていきます。

2. 2019年、蒸し豆の市場がついに水煮豆の市場を超えた

「おいしさと栄養のつまった蒸し大豆の魅力を、1人でも多くの方に伝えたい。」
マルヤナギはその信念から、様々な活動を通じて蒸し豆の普及に取り組んできました。

2004年の蒸し豆発売当時は、素材豆と言えば「水煮大豆」がほとんどを占めていました。
蒸し豆の市場が順調に成長を続けること15年。ついに2019年、蒸し豆市場は、水煮豆市場を超えました。

3. 蒸し豆にかけるマルヤナギの地道な取り組み

特別栽培豆使用

毎日食べてほしい蒸し豆だから、人にも環境にもやさしい豆づくりにこだわりたい。
「おいしい蒸し豆品質」を目指し、農薬や化学肥料にできるだけ頼らず、土作りから取り組む特別栽培に、生産者の皆さまとともに取り組んでいます。

蒸し豆のPR活動

「蒸し大豆」のすばらしさを広く伝えていくために、PR活動に取り組んでいます。

蒸し豆を通じた食育活動

「私たちのからだは食べたものでできている。だから良いものを選んで食べる力、知識を学んでもらいたい」という思いから、学校給食への蒸し大豆の提案、保護者の方や栄養士の方々向けのセミナー・勉強会などを行っています。蒸し大豆を次の世代へつなぐ取り組みに、マルヤナギはこれからも取り組んでいきます。

1人でも多くの方に蒸し豆を食べてもらうために

発売当初から、マルヤナギの社員が直接店頭に立ち、蒸し豆のおいしさや栄養価値を伝える試食販売を続けてきました。その数はなんと、15年で累計5,000店舗以上。これからも、蒸し大豆を知ってもらう、食べてもらうために活動を続けていきます。

おススメ記事

蒸し大豆はマルヤナギ