蒸し大豆スペシャルサイト「蒸し大豆とは?」
お問合せ オンラインショップ マルヤナギトップページ マルヤナギ

蒸し大豆の歴史

「大豆」は、日本人が古くから慣れ親しんできた食材のひとつです。
日本人の食卓と健康を支えてきた大豆ですが、食の変化に伴って食べる機会は少なくなっています。

伝統食材である「大豆」をもっと食べて欲しい。
私たちマルヤナギは、大豆をもっとおいしく、手軽に、いろんな食べ方で親しんでいただきたいと考え、商品開発をスタート。そして2004年1月、おいしさに加えて簡便・健康が求められる時代にかなう「食べやすくておいしい蒸し大豆」が生まれました。

蒸し大豆の誕生から現在に至るまで、様々なできごとがありました。その歴史を紹介します。

1. 蒸し大豆の誕生から現在に至るまで

2004年1月マルヤナギが日本初「蒸し大豆」を販売
2004年12月蒸し黒豆発売
2008年ISO9001取得
2009年「蒸し大豆」がモンドセレクション金賞を受賞
2010年9月蒸しサラダ豆発売
2011年蒸し大豆・蒸し黒豆にてモンドセレクション金賞受賞(※4年連続)
2012年毎年6月4日を「蒸し豆の日」と制定
2012年6月「蒸し大豆」に特別栽培の大豆を使用
2013年ISO14001取得
毎日だいず応援団の活動を開始
2015年日本食品標準成分表(七訂)に掲載
有機原料使用の商品を販売開始
2016年1月トレースシステムの開始契約栽培農家との取り組みで、生産者の顔が見える安全・安心なものづくりを目指して取り組みをスタート
2016年4月機能性表示食品を実現「蒸し大豆」「蒸し黒豆」「蒸しサラダ豆」3品での取得
有機JAS取得
2017年蒸し豆PROJECTの活動を開始
海外向け商品の輸出開始
2018年FSSC22000取得
海外商品シリーズ拡大
2018年6月シリーズ合計「1億2,700万パック」を突破 ※日本で1人に1パック達成
2019年発売15周年

↓マルヤナギと蒸し豆の歴史を更に詳しく読む↓


おススメ記事

蒸し大豆はマルヤナギ