蒸し大豆の歴史

マルヤナギは、2004年に日本ではじめて「蒸し大豆」を発売。
発売から現在に至るまで様々なできごとがありました。
その歴史を紹介します。
2004

nenbyou1

マルヤナギが日本初「蒸し大豆」を販売

nenbyou1

「蒸し黒豆」を販売

2009

nenbyou1

「蒸し大豆」がモンドセレクション金賞を受賞

2010

nenbyou1

「蒸しサラダ豆」を発売

2010

nenbyou1

毎年6月4日を「蒸し豆の日」と制定

nenbyou1

蒸し大豆・蒸し黒豆に特別栽培の大豆を使用

2010

nenbyou1

毎日だいず応援団の活動を開始

2010

nenbyou1

日本食品標準成分表(七訂)に掲載

nenbyou1

有機原料使用の商品を販売開始

2010

トレースシステムの開始

nenbyou1

機能性表示食品 蒸し豆シリーズ3品での取得

nenbyou1

有機JAS取得

2010

nenbyou1

蒸し豆PROJECTの活動を開始

nenbyou1

海外向け商品の輸出開始

nenbyou1

蒸し豆シリーズが95%の医師が推奨する商品に

2010

nenbyou1

FSSC22000取得

nenbyou1

シリーズ合計1億2,700万パックを突破

2010
発売15周年

続く