マルヤナギ(株式会社マルヤナギ小倉屋)

食育活動

第6回ひがしなだ食育フェア

2012年11月3日(祝)「第6回ひがしなだ食育フェア」が昨年に引き続き、ひがしなだふれあいフェスタと同時開催で、住吉公園にて開催されました。

2012年第6回東灘食育フェア

今年のひがしなだ食育フェアのテーマは「未来の大人を育てる食育」です。“毎日の「食べる」を「見て・聞いて・さわって・試して」考えよう!東灘区ではたくさんの企業がみんなの「食べる」を応援しています。”をキャッチコピーに毎年開催され、マルヤナギも参加しています。
開催内容はクイズやゲーム、試食、食育活動の紹介などとなっており、各参加団体が子供たちに分かりやすく、そして楽しく学んでもらえるかを考え、ブースで展開していました。
当日はたくさんのご家族の方が参加して下さり、各ブースでの展開やクイズラリーなどに楽しく参加されていました。

マルヤナギブースでは、「昆布と豆とお友達になろう」をテーマに、ゲームを通じて「食」に対して興味や関心を持ってもらおうと、子どもを対象にした「食」に関するゲームを3種実施しました。
ゲームをひとつクリアするごとに、スタンプカードにスタンプを押し全部クリアしてもらった子供たちに「ちびっこ食博士認定証」を発行しました。たくさんの食博士が誕生しました。

今回実施したゲームは

(1)まめつかみゲーム

色々種類の豆を用意し、大きさや形によってレベルを分けたものを子供たちにチャレンジしてもらいました。皿から皿に箸でつかんで移すゲームや豆の種類によってお箸で分けてもらうゲーム。

豆つかみゲームの様子

豆つかみゲームの様子

(2)なんだろうBOX

なんだろうBOXゲームの様子

食材を入れた中が見えない3つの箱に手を入れ、中に何が入っているのかを当ててもらいました。
水漬けした昆布、レモン、しいたけ、かぼちゃなど季節の野菜を中心に用意しました。中が見えない状態で食材に触ることで、
手に意識を集中させ、体感することにより新しい発見を促します。子供たちは、何が入っているのか恐る恐る手を入れ、答えが分かると「あっ!分かった!!」ととても嬉しそうに答えを言ってくれていました。
実物の昆布を見るととても驚いている子供や、箱の中の食材に興味を持って引き出してしまうなど、見ている大人も一緒になって楽しんでいました。

(3)大豆のよいところ知ってる?

大豆に入っている栄養成分が記載された台紙に、栄養成分役割が書かれたカードを置いていき、 その栄養成分がどんな役割を果たしているのかを知ってもらうゲームです。ヒントを見ながら、子供たち、そして大人も参加し「こんな役割があったんだ!」と知らなかった事に一緒になって驚いていました。

大豆の良いところ知ってる?ゲーム

大豆の良いところ知ってる?ゲーム

クイズラリー

東灘区の方からのアイデアで始まった、全ブースを回って頂くクイズラリーを今年も開催しました。

マルヤナギからのクイズ(3択)は・・・

Q 一番おいしい「だし」がとれる食べ物は次のうちどれでしょうか?
  1. にんじん
  2. こんぶ
  3. わかめ

2012年第6回東灘食育フェア:マルヤナギのスタッフたち

マルヤナギのブースは、毎回子供たちに参加してもらい、「食」の大切さを体感してもらいたいという思いがたくさん盛り込まれたブースとなっています。ゲームや展示物、参加してくれる子供たちに渡すものは、事前にスタッフで考え作成しており、社内での食育への関心も年々高くなってきていると感じています。またブースでは子供たちだけではなく、保護者の方(大人の方)にも、一緒に参加して頂く事で「食」の大切さを感じていただければと思っております。今後も食品メーカーとして、こういった「食」の大切さを伝える機会を、たくさんの方に提供していきたいと考えています。

 | 

pagetopへ