マルヤナギ(株式会社マルヤナギ小倉屋)

小倉屋昆布の隆盛とのれん分け

久右衛門は、時代の動きを敏感にキャッチしながら、天性の商才と努力によって短期間で店の地盤を築いていきました。明治17年(1882年)には、養子の松原久七が2代目を継承。この頃には昆布はすでに「岩おこし」と共に大阪名物の一つとなっていたようです。

『商工技芸浪華』(明治15年刊)に掲載の昆布商松原久七店と別家

さらに、明治22年(1887年)、久七の死去にともない息子の松原新次郎が2代目久七を襲名、小倉屋総本家の3代目当主となりました。その後、総本家の隆盛と共に、歴代の小倉屋に奉公してのれん分けを認められた者たちが少しずつ増えていきました。

別家したものは主家の伝統を受け継ぎ、「のれん」に恥じない商いをすることが主家への恩返しでした。そんなのれん分けを許された一人に、マルヤナギの創業者である柳本一夫がお世話になり、後にのれん分けをしていただくことになる小倉屋居内の創業者、居内万蔵がいました。

をぐら昆布系友会

小倉屋総本家を出発として、のれん分けを許された別家は、明治36年「小倉屋会」を結成、大正12年には「をぐら昆布系友会」と改称し、小倉屋昆布創業者をはじめとする諸先輩の功績に敬意を払い感謝の念を持ちつつ、小倉屋の信用と名声に恥じない高品質の商品の提供を続け、今日に至っています。

pagetopへ