マルヤナギ(株式会社マルヤナギ小倉屋)

1974年 袋入り昆布佃煮「徳用佃煮」

日本初の袋入り昆布佃煮「徳用佃煮」

徳用佃煮

昆布佃煮のもう一つの代表形態である袋入り昆布佃煮も、マルヤナギが初めて考案したものです。
カップ入り佃煮「ボンカップ」が全盛の昭和49年、オイルショックが起こりました。プラスチック原料の他、すべての包材資材の手当てが難しくなる中で、より包材資材が少なくてすむようにと考案されたのが、袋入りのお徳用昆布佃煮「徳用佃煮」です。

赤と白のシンプルな2色印刷という斬新さ、ひと袋にたっぷり入った「徳用佃煮」は、オイルショック後の省資源という時代の要請に適した商品として、これまた大ヒットです。全国42社の昆布メーカーがこぞって類似商品を発売するほどのリーダー商品となりました。

徳用佃煮(さんしょ・しそ・ごま・こもち)

pagetopへ